2018年の干支は戌年。戌にはどんな意味や縁起があるの?

シェアする

そろそろ年末も見えてきて、来年の干支が気になる頃になってきました。

2018年の干支は(いぬ)です。

犬が大好きで、家では犬を飼っていて…

なんて人も多いので、犬が大好きな人にとっては特別な年になりそうですよね^^

この記事では、干支の“戌”にはどんな意味や縁起があるのか見ていきます。

SPONSORED LINK

2018年の戌年について

2018年は戌年ですが、

正確に言うと干支は“戊戌”(つちのえいぬ)となります。

もともと干支というのは十干(じっかん)と十二支を合わせたもので、

十干(甲、乙、丙、丁…)と十二支(子、丑、寅、卯…)を

順番に1つずつ合わせたものが干支になります。

最初の1文字をそれぞれ組み合わせると、

甲(きのえ)+子(ね)で甲子(きのえね)になります。

音読みにすると「こうし」となります。

高校野球で有名な「甲子園球場」の名前は、

干支が甲子の年にできたのでこの名前がついたと言われていますよ^^

昔は十干で日を、十二支で月を表していて、暦として使われていたそうです。

つまり十干は3回で一カ月、十二支は十二月になるので1年になります。

2018年の干支の戌にはどんな意味がある?

「戌」は十二支の11番目で、時刻にすると午後8時を中心とする前後2時間の間を指し、方角は西北西のやや北寄りとなります。

戌年は西暦年を12で割って2が余る年になります。

「戌」の本来の読みは「じゅつ」。

「戌」という漢字は「一印」と「戈(ほこ)」という漢字から成り立ち、元は作物を刃物で刈り取りひとまとめに締めくくることを表しました。

「酉」が収穫できる状態だとすれば、「戌」は収穫後の段階だと考えられます。

また、「戌」は「滅びる」を意味する「滅」で、草木が枯れる状態を表しているという見かたもあります。

十二支は本来古代中国で方角や時刻、月を表すものとして用いられてきました。

この十二支に、十干を合わせて暦年を表すことにも使われました。

もともと十二支の子、丑、寅、卯…亥には動物の意味はなく、

無学の庶民が十二支を覚えやすくするために、身近な動物が当てられたということです。

なぜ「いぬ」なのかという明確な理由はありません。

戌の縁起について

犬は社会性があり、忠実な動物です。

人との付き合いも古く、親しみ深い動物。

犬はお産が軽いとされることから、安産については「戌の日」が吉日とされています。

さらに、戌の干支の特徴として、

“勤勉で努力家”とあります。

十二支の守り本尊って知ってますか?

人にはそれぞれ一生一代の守り本尊があって、

十二支に基づき八体のご本尊が配されて、

それが信仰の対象とされていました。

戌年生まれの守り本尊は“阿弥陀如来(あみだにょらい)”です。

阿弥陀如来は一切の衆生を救うために四十八の誓いを立てた仏で、深い慈悲で極楽浄土に導いてくれます。

初詣は2018年の干支「戌」にゆかりのある

お寺や神社に行くのも良いかもしれませんね^^

おわりに

2018年は戌年ということで

干支の「戌」についていろいろと書きました。

少しでも参考になれば幸いです。

SPONSORED LINK

シェアする

フォローする