インフルエンザ予防接種の時期は子供はいつが最適?2回接種の間隔は?

シェアする


そろそろインフルエンザの予防接種のことが頭をよぎる時期がやってきました。

13歳未満(12歳以下)の子供はインフルエンザワクチンの2回接種が必要となっていますが、その間隔のことなどを考えるといつまでに受ければ良いのか迷いますよね。

この記事では、子どものインフルエンザワクチンの予防接種の時期、2回接種の間隔、また、インフルエンザワクチンの免疫の効果はいつまで続くのかについて書いていきます。

SPONSORED LINK

インフルエンザの予防接種の時期は子供の場合いつまでに受ければ良い?

例年だとインフルエンザが流行する時期は12月から3月にかけて、本格的に流行するのが1~2月です。

その年によっては12月中に蔓延期を迎えることもあるので、10月末の予防接種が始まったらなるべく早く受けたほうが良いですね。

なので、流行の時期を考えると遅くとも12月中には2回目の接種を終わらせられるようにスケジュールを入れたいところ。

また、今は風邪をひきやすい時期ですが、風邪をひいたりするとその間インフルエンザの予防接種を受けられなくなってしまうので、早め早めの行動を心掛けたいですね。

インフルエンザの予防接種を2回するときの接種間隔は?

13歳未満の子供はインフルエンザワクチンの予防接種を2回接種する必要があり、原則的に接種間隔は2~4週間です(13歳以上で2回接種する場合は1~4週間間隔)。

インフルエンザの流行期を前に早めに有効な免疫をつけるために、13歳未満では2週の間隔で接種できるようになっていますが、よりワクチンの効果を高めるためには3~4週間の間隔をあけることが推奨されています。

ですが、インフルエンザの予防接種の時期は特に体調を崩しやすい時期ですよね…。

風邪などをひいて2回目の接種が4週間以上空いたら…と心配になることもあるでしょう。

ですが、大丈夫です。

2回目の接種が4週間以上空いたからといって抗体がつかなくなることはないので、体調が良くなったら早めに2回目の予防接種を受けに行けば大丈夫です。

風邪をひいたりして4週間以上空く子供はたくさんいますよ^^

インフルエンザ予防接種の免疫持続期間について

次はインフルエンザワクチンの効果が続く期間についてです。

インフルエンザの抗体は、1回目の予防接種を受けた後1~2週間後に抗体ができはじめ、2回目の接種後1カ月後までにピークに達し、3~4カ月後から徐々に低下していきます。

なので、ワクチンの効果が期待できるのは接種後2週から3~5カ月くらいまでとなっています。

12月までに予防接種を終わらせれば、3月までの流行時期をカバーできますね^^

まとめ

インフルエンザ予防接種時期のまとめ!

・インフルエンザの予防接種は2回目の接種を12月中に終わらせるために、11月には1回目の接種をする(なるべく早めに)。

・1回目と2回目の間隔は3~4週間が最適。

・インフルエンザワクチンの効果が続く期間は1回目接種後2週から3~5カ月まで。

インフルエンザの予防接種は毎年10月に予約が始まり10月末に接種開始になりますが、ここまで見て言えるのはやはり、予防接種が開始されたらなるべく早く受けることが一番ということでした。

私の子供も11月の前半にはインフルエンザの予防接種を受けさせる予定で予約入れてます^^

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめです♪

インフルエンザの予防接種の季節。 1歳前後の子供だと他の予防接種も受ける時期になるので、どのくらい間隔を空ければ良いのか、優先...
SPONSORED LINK

シェアする

フォローする